husky voice

カテゴリ:Diary( 72 )

意味。

e0188039_12545129.jpg

この間言われて嬉しかったこと。

本を世に送り出すことを「上梓」と言うそうで
「梓」の字が使われているのって、なんかすごいねと。

参考:「上梓(じょうし)」とは(Yahoo!辞書)


私の名前の由来は「梓」の木からと聞いていたけど、
なんだかとても嬉しくなった。

人生はいろんな偶然があるけれど、
実はいろんなところで繋がっていて、
たくさんの意味があるのかもしれない。


なんて、感慨深く思い返してみた、
連休半ばの昼下がりでした。

おわり。
[PR]
by azusazusa_62 | 2012-05-04 12:56 | Diary

部屋ですごすこと。

e0188039_15571233.jpg

いまから約4年前。
私が過ごしていた実家の部屋は、
風の通る、明るい部屋でした。

e0188039_1685953.jpg


それから初めての一人暮らしを始めた部屋は
部屋の奥にひとつ、掃き出しの窓があって
朝はまぶしいくらいの朝日で目が覚めるものの、
昼過ぎには薄暗くなってしまう部屋でした。

遊び回っていて、ほとんど家にいなかったので、
あまり気にならなかったのだけど。

そして今、新しく暮らし始めた
南西向きの角部屋は、部屋の3辺に窓がある部屋。
この週末の急に暖かくなったぽかぽかとした光が降り注ぎ、
これが見たくて取り付けたと言っても過言ではない、
白い麻のカーテンを心地いい風が揺らすのです。

なんだかあまりに心地いいので、
思わず書いてしまったのです。

生活が色々と変わって、
家に引きこもるしかない生活に
最初は窮屈な思いをすることもあったけど、
おろそかにしがちだった部屋で過ごす時間を
見直させてくれた、この部屋に感謝なのです。

まずはコーヒーを上手にいれられるようになろうと思います。

おわり。
[PR]
by azusazusa_62 | 2012-04-29 16:12 | Diary

夏の終わり。秋の夜長。中秋の名月。

去年の夏は、富士山から始まり、なんやらたくさんの山に登りましたが、
今年の夏は仕事と精神面とで大きな山にぶち当たりまくりました。

富士山に登る前は御茶ノ水に出かけ、大枚はたいて装備を買いそろえて挑んだけれど、
今年の山は装備もないまま登山道に突入してしまったようなもので、
はたまた装備を買いたくてもはどこにも売っておらず、
危うくはせっかく手に入れた装備を自らの手で捨てかねないことまでしでかし、
ピンチ色々人生色々を身をもって体感致しました。

そんなこんなでもがいてもがいて、ようやくひとつ山を越えたら。

夏が終わっておりました。

空にはきれいな満月が上がっておりました。


e0188039_0141382.jpg
e0188039_0142784.jpg
e0188039_0143863.jpg


登ったーという湧きあがる達成感と、
夏を逃したーというこぼれおちる喪失感にさいなまれながら。

今年撮った数少ない夏らしい写真を少しだけアップして。



e0188039_016859.jpg


つかの間ダラーっとしたら、

e0188039_0161627.jpg


はいはい、今行きますよとしぶしぶと。

腰をあげようかと思います。



そんな満月の夜なのでした。


おわり。
[PR]
by azusazusa_62 | 2011-09-13 00:19 | Diary

今からちょうど8ヵ月前。

私はハンガリーにいて、ドイツにいたんだ。

e0188039_0263488.jpg


人生は、たった一年足らずの時間の中でも目まぐるしく変化するから。

いや、目まぐるしいほどに変化することがあるから。
することができるから。


気合いを入れて。

前を向いて。

目を見開いて。

しかとみて。

全力で。

全身で。

まっすぐ。

時に泣いたっていいから。

そのあと笑えればいいから。


とにかく今は。
生きていけたらいいと思うんだ。



そんなわけで。
明日は月曜日だと思うんだ。


早く寝たらいいとも思うんだ。


おわり。
[PR]
by azusazusa_62 | 2011-08-08 00:34 | Diary

山形の「だし」の食べ方。

e0188039_130475.jpg


豆腐に載せてね。

卵をぽっちり載せてね。

麺つゆをたらりとかけてね。

食べるんですよ。



本に出てきた「卵をぽっちり」ってフレーズが書きたかっただけ。

ぽっちりってなんかいいじゃん。



おわり。
[PR]
by azusazusa_62 | 2011-07-13 01:32 | Diary

家族の結婚。

e0188039_2254411.jpg

私の高校はクラス替えがなかったから、
1年から3年までずっと同じメンバーと一緒で。

卒業してからも同窓会なんて必要ないくらいしょっちゅう会ってて。

もうほんと家族みたいで。

そんな家族の一人が結婚することになり、
みんなでお祝いに駆けつけました。


e0188039_22551747.jpg

飲んで笑って喋って泣いて…
はしていないけど、めでたかったなぁ。

とっても幸せそうな結婚なのもひとつ。
奥さんになる人もなんら違和感なくすぐに家族入りできたのもひとつ。


そして何より、出会ってから10年以上経つのに
こうして変わらず駆けつけるメンバーがこんなにもいることがいいなぁと。

今ひとりしみじみ素敵だなぁと、今ひとりホロリきそうです。

ほんとほんと。


次に結婚するのは誰か賭けたけど、果たして誰になるかな。

そしてそのたびに幸せ気分になるのでしょう。

だとしたら幸せ気分のチャンスが
まだまだこんなにいっぱいあるんだ。

ほんとほんと。
それって素敵だ。


ほんとにほんとに。
おめでとー!

e0188039_2255326.jpg



おわり。
[PR]
by azusazusa_62 | 2011-06-27 22:57 | Diary

半年が経った。

e0188039_17134720.jpg


最近ブログをかなり放置、というか、
文章を書いていませんでした。私。

そんなわけで近況報告も兼ねて、
書いてみようかとペンを取った…
いや、キーボードを叩いた午後5時です。

最近の私は、正直ややモヤモヤ(略してやもや)してました。
夢を追って飛び出してから半年。

最初の3ヵ月は右も左も分からずただ言われるがままに。
まぁ生まれたての赤ん坊のようでしょうか。生きることだけでいっぱいいっぱい。


でも4ヵ月めからは、自分でできるようになりたい、
認めてもらいたいという思いが噴出。
しかしなかなか思う通りにいかなくて、
怒られてシュンとなったり、自分で自分に腹を立てたり。

まぁパジャマを自分で着るの!と言ってお母さんから奪ったものの、
ボタンが上手く止められずに癇癪を起こす子どものようでしょうか。


と、かけ言葉ばかり考えてると
本筋から離れがちになるのも私の悪い癖なのですが、

ひとことでいうなら「自信をつけたい」と葛藤してました。


それは、
編集長をはじめ、一緒に働く先輩から認められたい、必要とされたい
というのもひとつ。

その人のの気持ちを想いが届く文章を書けるようになりたい
ということもまたひとつ。


こう書くからには、実際はどうか分からないけれど、私にはまだ
「認められていない」「書けていない」と思っていて。

じゃあどうしたらいいのか、いつになったらできるのかと
モヤモヤとしておりました。
あ、ここは思春期の中学生のモヤモヤとは違いますよ。

時にひとり悔し泣きをした夜もあります。


でもなんだか今日少し分かった。

それはたった4行の文のために、昨日の夜からさっきまで、
書いては消し、書いては消し、うっかり全部消し、
また書いて書いてちょっと消して…を繰り返していたとき。

ようやく書き上がった言葉を読んで。

「いいじゃん」と思った。

やっとちょっとそう思えた。


器用に物事を取捨選択できるタイプじゃないから、
私はこうやっていくしかないのかもと。

どれがいるか分からないから、
いらないものまで全部吸いこんじゃって、
いるものとごっちゃになって、ほとんど結局吐き出しちゃって、
なんてことも多いだろうけど。

今はこうしてやってけばいいじゃんと開き直れた。少し。


もちろん、1年経ってもこんなんだったら、それはイヤだけど。
スムーズにこなせるようになりたいけれど。



そんなわけで。
もしかしたら当たり前のことなのかもしれないけれど、
頭では分かっていたことを今日、
こうしてブログに書いて「実感」してみたのでした。



あーなんか当たり前だったかも。。
今ここまで書いて恥ずかしい。

でも、枕を濡らす夜が減るよう(←もともとそんな多くない)、
もっと頑張ることにします!!!



最後に、私の周りの大切な人たちへ。

みんなの姿に私はいつもほんとにすごく励まされます。
負けていられないと思い頑張れるのです。


だから…

もっと頑張ってね(笑)


おわり。
[PR]
by azusazusa_62 | 2011-06-25 17:15 | Diary

ラブソング

サンボマスター『ラブソング』

クリエーターの箭内道彦さんが自主制作したPVだとか。

このフィルム独特の色が素敵すぎて何度も見てしまう。

あぁ。私もこんな写真撮りたいなぁ。






それにしても長澤まさみ、かわいいなぁ。


おわり。
[PR]
by azusazusa_62 | 2011-06-16 01:37 | Diary

ふたつ。

ふたつ

ふたつ、2個、ペア…

ふたつという数字は私達に安心感と説得力を与えるのではないだろうか。

ふとそう思った。


たとえば、

「両目でしっかり見ておけ!」

と言われたら、すごく真剣に見なくちゃと思うけれど、
これが3つだったら全然違う。

「三つ目でしっかり見ておけ!」

別の意味での真剣さは漂うけれど、
明らかにその光景は念力でも発しかねない。

妖怪である。ヤムチャでもある。


ほほう。
なるほどと思った。








そういえば私の誕生日も2日だった。

e0188039_294366.jpg


ただこれが言いたかっただけと思われても、
仕方ないと思った。



おわり。
[PR]
by azusazusa_62 | 2011-06-03 02:11 | Diary

弱音。

フー…

e0188039_054540.jpg




よし。吐いた。
よし。また明日。

おやすみなさい。

おわり。
[PR]
by azusazusa_62 | 2011-02-21 00:52 | Diary